ロゴ画像

脱サラから個人事業主へ

10年間勤めてきた会社を辞め、個人事業主として生きていく。


私の経験談を書いていきますので、参考程度にでもなればいいなと思います。

植木屋になる為の準備#1

何も知識の無い状態で植木屋になるためには何からすべきか

あくまで私の独学なのでこれが正解かと言われるとそうではない

それでも少しでも参考になればと思います

植木屋になる手段

個人で植木屋になるにしても手段が何通りかある

1. 完全に独りで始める

2. 業務委託にて仕事を請け負う

3. フランチャイズに契約する

4. すぐに独立するのではなく、一度植木、造園会社に入り修行してから独立


大きく分けてこの4通りが出てきます

それぞれの点で考えてみる

1. 完全に独りで始める

何も知識がない状態だと一番リスクは高い

まず何をどうすればいいのかから調べていくこと


一通りの道具を揃え、営業用の軽トラを購入

個人で行うので、事務所はいらない(事務所を構えてもいいが基本外回りしているので訪問客に何もできない)

ここまではどの選択肢を選んでも必要となること

個人で始めるにあたってまずは流れを確認する

木を切るにあたっての知識習得をする

自ら足を使いチラシ配布して集客を集める

ホームページ作成し、ネットからの集客も作る

集客効果が出て初めて仕事を請け負うことが出来る

大雑把に言えばこの流れになります。


なので

チラシ作成やホームページ作成にパソコンが1台必要

もし作成が出来ないのであれば

経費を使って他の業者に作ってもらう

私はあまりお薦めはしません

理由としては

ホームページを他業者に依頼して作成だと

自分の狙っている客層イメージと異なるデザイン

毎月の維持費、毎年の更新料など無駄な経費

なにより自分の思い通りにならないことが多い。

チラシ作成も同様

ある程度競合になりうる業者のチラシを見て

どのように作っているのかを参考にし

デザインして作れば意外と簡単に出来ます

ホームページは専門の知識がいるので

優先度を下げて勉強していきながら作っていくといいかなと思います。

私もホームページ作成の知識はなかったのですが、ある程度参考書を読み

ネットで調べながら作成していきました。


優先すべきはチラシ作成

私が作ったのは大きく2つ

A4サイズ両面の広告とA4三つ折りパンフレット

デザインはExcelで作成し印刷会社で印刷してもらいました

個人で印刷でもいいですが、レーザートナーの仕上がりの方が圧倒的にキレイ

家庭用レーザープリンターは価格が高いので、印刷会社に依頼したほうが最初のコスト削減にもなります

チラシの用意が出来たら、毎日エリアを決めて配布活動

チラシ効果での集客で仕事が始まる






・第一話 脱サラの理由と始めた仕事

・第二話 お庭の便利屋を始めるにあたって#1

・第三話 お庭の便利屋を始めるにあたって#2(準備中)



ページトップ